ツルツル美肌を目指す!効果の高い医療脱毛クリニックin京都

ツルツル美肌を目指す!効果の高い医療脱毛クリニックin京都
京都の医療脱毛クリニック特集HOME » 本当に痛くないレーザー脱毛とは?話題の脱毛機を徹底リサーチ

本当に痛くないレーザー脱毛とは?話題の脱毛機を徹底リサーチ

レーザー脱毛を受けるうえで不安を感じる人が多いのが、施術中の痛み。しかし、「レーザー脱毛=痛い」という常識は徐々になくなりつつあるのです。

このページでは、痛くないレーザー脱毛を実現する脱毛機についてまとめています。レーザー脱毛をしたくてもなかなか勇気が出せない人は、ぜひ読んでみてくださいね。

痛くないレーザー脱毛はある?

「レーザー脱毛をしたいけど、痛いって聞いた…」「効果が高い脱毛を受けたいけど、痛みが怖くてなかなか決められない」。レーザー脱毛を受けようと考える女性たちに立ちはだかる、「痛み」という名の壁。

レーザー脱毛のほうが脱毛効果が高いとは聞くものの、施術の痛みが怖くて一歩を踏み出せない、という女性は多いのではないでしょうか?

しかし近年、レーザー脱毛機の品質改良が進み、さまざまな機器が次々と開発されています。なかには、痛みを感じずに脱毛できる機器もあるのだとか。痛くないレーザー脱毛とは、どのような施術なのでしょうか。

そもそもレーザー脱毛はなぜ痛い?

まず、レーザー脱毛が痛いと感じる理由について知っていきましょう。

脱毛は、レーザーの光を毛根に照射して発毛を阻止する医療行為。エステサロンが行なう光脱毛とは違い、高性能の医療用レーザー脱毛機を使用して毛根の細胞組織を壊します。照射するレーザーの光が高出力であればあるほど皮膚へのダメージが強く、痛みが出やすいもの。そのため、強い痛みと感じてしまうのです。

また、痛みの感じ方には毛質・体質・施術当日の体調などが影響するため、個人差があります。そんなに痛みを感じなかったという人もいれば、あまりにも強い痛みにびっくりして泣き出してしまった…なんて人もいるでしょう。同じ脱毛機を使用していても、施術を受ける部位によって痛みを感じる度合いが変わります。

特に痛みが強い部位はどこ?

個人差はありますが、体のどの部位でも痛みを感じる度合いが同じというわけではありません。皮膚が薄い部位や太い毛が密集している部位は、特に痛みを強く感じてしまいます。

痛みを感じやすい部位

VIO

最も痛みを感じる部位だと言われているのが、Vライン・Iライン・Oラインなどのデリケートゾーン。皮膚が薄く太い毛が密集しているため、脱毛の際に強い痛みを感じます。

ワキ

ワキ毛は太い毛が生えている部位。毛質にもよりますが、剛毛な人は痛みを強く感じてしまうそうです。その分、脱毛効果が目に見えて分かりやすい部位でもあります。

頬や鼻の下など、ふとしたときに気になる顔の産毛を脱毛するときも痛みを感じます。皮膚が薄いため、レーザーの光を照射するときに痛みを感じてしまうでしょう。

乾燥している部位

普段のお手入れで保湿を十分に行なっていないと、レーザーの光を照射したときの痛みを強く感じてしまいます。施術前日は保湿ケアを念入りに行ない、保水力を上げましょう。

手足の指・甲の毛の施術は痛くない?

逆に、痛みを感じない部位もあります。痛みを感じない部位として挙げられるのが、手足の指や甲。一見痛そうだと思いますが、これらに生えている毛は細くて柔らかいため、意外にも痛みを感じないのだそうです。

痛くないレーザー脱毛機はこれ!

痛くないと言われているレーザー脱毛機はいくつかあり、なかでもよく挙げられるのが「ソプラノアイス」「メディオスター」。大手のクリニックが次々と導入を進めており、痛くないのに脱毛効果を得られると評判を集めています。

ですが、「痛くない脱毛ができるのはどうして?」「実際のところ何が違うの?」「機械が違うと脱毛効果も変わるの?」など、疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ソプラノアイスとメディオスターの2機種についてご紹介。どちらが女性におすすめの脱毛機なのかを調査してみました。

ソプラノアイス

ソプラノアイス
画像引用元:Alma Lasers
http://www.almalasers.com/products/

ソプラノアイスは、イスラエルのAlma Lasers社が開発した医療用レーザー脱毛機です。肌の上をすべらせるようにレーザーの光をあてる、蓄熱式の照射方法を用いて施術を行ないます。

FDA(アメリカ食品医薬品局)から永久脱毛の効果を認定されている機器です。

痛くない脱毛を実現する蓄熱式の照射方法

ソプラノアイスの最大のメリットと言えるのが、痛くない脱毛を実現してくれること。肌にまんべんなくレーザーの光を照射して毛包を徐々に破壊していく蓄熱式の照射方法で、痛みをほとんど感じずに脱毛できます。高出力の光をあてる一般的なレーザー脱毛機だと、どうしても強い痛みを感じてしまうもの。ソプラノアイスなら、痛みを感じずに脱毛効果を得られます。

肌質・毛質を選ばない脱毛施術ができる

日焼け肌・褐色肌・濃い毛・剛毛など、肌質や毛質を選ばずに脱毛できます。一般的なレーザー脱毛機は黒い色素に反応して脱毛するため、日焼け肌の方や毛の濃い方はヤケドをする恐れがありました。ソプラノアイスは、毛を取り巻く組織である毛包を徐々に破壊して脱毛効果を与える機器。肌質や毛質に関係なく脱毛を受けられます。

施術スピード・サイクルが早い

1回の脱毛施術のスピードが早いのも、ソプラノアイスの特徴。照射ヘッドを肌の上にすべらせてレーザーの光をあてるので、他の機器の約半分の時間で施術が終了します。特に施術範囲が広い背中・太もも・おしりの脱毛に最適。また、毛包をターゲットにすることで毛周期に関係なく脱毛できるため、施術に通うペースが短期間で済みます。

メディオスター

メディオスター
画像引用元:Asclepion
http://www.asclepion.com/
asclepion_product/
mediostar-next-pro-xl/

メディオスターは、発毛を促す「バルジ領域」を破壊して脱毛効果を得るレーザー脱毛器。肌を温めながらバルジ領域を破壊するため、肌へのダメージを抑えた痛みの少ない脱毛を受けることができます。

肌全体に働きかけて痛みを軽減しながら脱毛

バルジ領域を壊して脱毛効果を得られるのがメディオスターの特徴。メディオスターもソプラノアイスと同じ蓄熱式の照射方法で脱毛を行ないます。

毛根細胞にダメージを与える従来のレーザー脱毛機とは違い、肌全体に熱を与えてバルジ領域に働きかけるため、痛みを軽減できるのです。

しかし、人によってはじんわりとした痛みを感じてしまうでしょう。痛みが不安な方は、麻酔を用いて施術を受けることをおすすめします。

冷却システムで肌へのダメージを抑えられる

照射と同時に冷却を行なうので、肌ダメージを抑えて脱毛できます。照射ヘッドに冷却装置がついており、肌にあたった熱を瞬時に緩和。施術中のヤケド・施術後の肌の赤みやひりつきといったリスクを抑えられます。レーザー脱毛が原因で起こる毛嚢炎(もうのうえん)を防ぐことも可能です。

ソプラノアイスとメディオスターの違い

レーザーの光に反応する箇所が違う

ソプラノアイスとメディオスターは、どちらも蓄熱式の照射方法で脱毛を行なう機器。しかし、毛にダメージを与える箇所が異なります。

ソプラノアイスは、レーザーの光を毛包付近に照射して脱毛を行なう機器です。毛包にダメージを与えて破壊し、脱毛を行ないます。

一方メディオスターは、発毛を命令する働きをもつバルジ領域にレーザーの光を照射して脱毛を行なう機器。毛の生成を指令している細胞に働きかけて脱毛効果を促します。

どちらも痛くない脱毛ができる機器ですが、毛に作用する箇所が違います。脱毛を受ける前に2つの機器の違いを知っておくと、カウンセリングで説明を受けるときに理解しやすくなりますよ。

女性にはソプラノアイスがおすすめ!

短期間で痛くない脱毛ができるソプラノアイスが◎

どちらも痛くない脱毛を実現できる機器ですが、施術スピードが早く短期間で効果を得られるソプラノアイスが女性におすすめです。肌をすべらせるように照射する方法で、従来の脱毛機よりも早いスピードで施術を終わらせられます。仕事にプライベートに忙しいと、お手入れの時間さえも惜しくなってしまうもの。ソプラノアイスなら短時間で施術が終わるので、無理のないスケジュールで通い続けられるでしょう。

うち漏れを阻止してムラなく脱毛!

また、すべらせるようにレーザーの光を照射するため、うち漏れがないのもポイント。レーザーの光をワンショットずつあてていく従来の脱毛機で施術を受けた際、「一部分の毛だけ抜けなかった…!」なんて経験をしたことはありませんか?ソプラノアイスの照射方法は、うち漏れを防いでムラなく脱毛できるところも魅力ですね。

メディオスターは、男性向けとして使用しているクリニックがほとんど。大手のクリニックでは、ヒゲ脱毛に使用されています。

ソプラノアイスで脱毛した人の口コミ

リラックスして施術中に寝てしまうほどでした

全身脱毛しようと思ったのは、友人の話を聞いて興味を持ったのがきっかけです。医療脱毛なら安心できると思い、大手のクリニックへ行きました。ソプラノアイスという機械で、痛みを抑えられた脱毛ができるということも決め手に。実際ほとんど痛みがありませんでした。施術中に寝ちゃうくらいリラックスできましたよ(笑)。

レーザー脱毛なのに痛くない!

以前レーザー脱毛を受けていましたが、痛みが怖くて通い続けられませんでした。ソプラノアイスという機械は痛みが少ないと知り、受けてみることに。5回くらい受けて、ほとんど自己処理をしなくてもいいくらい毛が細くなりました。他にも気になるところがあるので、追加で脱毛しようと思います。

ワキやVIO以外はまったく痛くなかったです

自己処理のし過ぎで肌が荒れてしまい、永久脱毛を決意。医療脱毛は痛そうなイメージをもっていましたが、ソプラノアイスは痛みが少ないと聞いて試してみたくなりました。聞いていたとおり、脱毛中はまったく痛くなかったです。ワキやVIOは少し痛かったですが、一瞬チクッとするくらいでした。

エステ脱毛と同じような感覚で脱毛できた!

エステで8回くらい脱毛を受けたのですが、いまいち効果がありませんでした…。医療脱毛に乗り換えようか迷っていたときに、「ソプラノアイスっていう機械がいいよ」と友だちから聞いて即決。すすめてくれたクリニックへ行きました。施術はびっくりするほど短く、エステ脱毛と変わらないくらい痛みを感じませんでしたよ。

ひりつきや赤みを感じなかった

エステで全身脱毛のコースを契約していましたが、なかなか予約が取れなくて不満でした。医療脱毛は前にも受けたことがあるので多少知ってはいますが、ソプラノアイスは試したことがなかったので対応しているクリニックへ。全身脱毛を3回ほど受けた今では、毛がほとんど気にならないくらいになりました。ひりつきや赤みもなかったです。

痛くない脱毛にも関係ある「バルジ領域」って?

2つの細胞が毛の生成を命令する

バルジ領域とは、2000年に発見された細胞組織です。発毛に大きく関係のある「色素幹細胞」と「毛包幹細胞」という2つの細胞が存在しています。

発毛を促す「色素幹細胞」と「毛包幹細胞」とは?

色素幹細胞は、毛の色素に関係する細胞の増加に作用するのが特徴。色素幹細胞が働くことで毛が黒くなります。

一方、毛包幹細胞は毛のもとになる細胞を増やす働きを持っている細胞。増えた細胞が毛母細胞へと運ばれることで、毛の生成が促進します。この2つが毛の生成を命令しているため、私たちの体に毛が生えるのです。

バルジ領域を壊せば脱毛できる?

もとは発毛分野において発見されたバルジ領域。近年の研究では、脱毛にも応用できると分かってきました。バルジ領域を破壊してしまえば、理論上は脱毛を行なうことが可能。バルジ領域に作用する代表的な機器としてメディオスターが挙げられますが、導入しているクリニックがまだそこまで多くないのが現状です。

レーザー脱毛機の種類

レーザー脱毛機にはさまざまな種類があり、それぞれ搭載されているレーザーが異なります。ここでは、レーザーの種類と脱毛機についてまとめました。

レーザーの種類 代表的な脱毛機
ダイオードレーザー ソプラノアイス、メディオスター、ライトシェアデュエット、ハヤブサ
ヤグレーザー ジェントルヤグ、ジェネシス、クールグライド
アレキサンドライトレーザー ジェントルレーズ、アリオン

ダイオードレーザー

約800nmの波長をもつレーザー光線。ソプラノアイス・メディオスターなどに搭載されています。

メラニンのみ反応するため、肌へのダメージを抑えながら脱毛できるのが特徴。最近では、脱毛施術にダイオードレーザーを使用するクリニックが増えています。

ダイオードレーザーの効果についてもっと詳しく>>

ヤグレーザー

約1,064nmの波長をもつレーザー光線です。長い波長を活かして、皮下の深い場所にある毛根や男性の脱毛に用いられています。

しかし、波長が長いゆえに施術中の痛みを感じやすいのがデメリット。痛みに弱い人にはあまりオススメできません。

ヤグレーザーの効果についてもっと詳しく>>

アレキサンドライトレーザー

約755nmと波長が短いレーザー光線。メラニンに作用して毛根細胞にダメージを与え、脱毛を促します。美肌治療にも使用されており、表皮のシミ・アザ・ニキビ跡などの色素沈着に効果的。

やや強い痛みはあるものの、脱毛と同時に美肌に近づけるかもしれません。

アレキサンドライトレーザーの効果についてもっと詳しく>>

ツルツルを目指す。京都の医療脱毛クリニックランキング
 
Copyright (c) 京都市内で医療脱毛するならココ!人気のクリニック特集 All Rights Reserved.