ダイオードレーザー

薄い・濃いなどの毛質や肌の色にも左右されないダイオードレーザー。

ここではその特徴や痛みの強さ、代表的な機種などダイオードレーザーに関するさまざまな情報をまとめています。「痛みナシ」で高評価を得ている優秀な脱毛器なので、ぜひチェックしてみてください。

痛みなく美肌を手に入れられる!ダイオードレーザー

日本で取り入れられている主な医療用レーザーは、アレキサンドライトレーザーヤグレーザー、ダイオードレーザーの3つ。

その中でも特に優秀といえるのがダイオードレーザーです。アレキサンドライトレーザーは、美肌効果を兼ね備えていますが、日に焼けた肌への施術はNG。ヤグレーザーは産毛や薄い毛には効果がないと言われており、サブ的な位置づけと言えます。

ダイオードレーザーは、日焼けした肌・産毛・薄毛にも問題なく効果を発揮。アメリカの食品医療薬品局において確認済です。

ダイオードレーザーの特徴

痛みが少ないながらも高い脱毛効果が期待できるダイオードレーザーについて、特徴をご紹介します。

痛みが少ない

ダイオードレーザーは医療レーザーの中でも特に痛みが少ないと高い評価を得ています。1回の照射時間が短いことが大きく関係し、肌へのダメージを最小限にすることが可能。

波長が長い

ダイオードレーザーの特徴に、波長の長さがあげられます。皮下組織部分にある毛にダメージを与えることができ、毛が濃い部分や産毛の脱毛にも高い効果が。

日に焼けた肌にも対応可能

地肌黒や日焼け後の肌でも照射できます。肌の色素が濃いことを理由に施術を断られた経験がある方も、ダイオードレーザーなら心配不要です。ただし、ライトシェアデュエットという機種はNG。メラニン色素への反応が強いので、肌トラブルの原因になります。ディオスターNeXTまたはソプラノという機種がおすすめです。

打ち漏れの心配がない

脱毛で心配される要素のひとつに「打ち漏れ」があります。ダイオードレーザーの脱毛器は照射口が四角。そのため、照射する部位との間に隙間が生じることがありません。

どんな人・毛質に適している?

ダイオードレーザーはどんなタイプの方におすすめなのかをまとめました。参考にしてみてください。

肌トラブルを起こしやすい人

アトピーや敏感肌などの理由でこれまで脱毛を避けてきた方におすすめできます。エステサロンや脱毛専門店とは異なり施術に使用するのは医療機器。そのため、脱毛を行うのは美容皮膚科のクリニック。カウンセリングを含めて医師が関わります。ダイオードレーザー照射によって肌トラブルが悪化したという例はないようです。万が一なんらかのトラブルが起きても、医療関係者がすぐに適切な処置をしてくれる環境にあります。

短期間で脱毛を終えたい人

脱毛効果には個人差があるもの。コースを見てみると、6回だったり12回だったりとさまざまなプランがあります。ダイオードレーザーは「脱毛はしたいけど長期間通うのはちょっと…」という方にピッタリ。6~8週ごとに照射し、だいたい3・4回で80%以上の減毛を実感できるそうです。残った毛は産毛のような薄さ。ここまでくると、お手入れもかなりラクになります。

ダイオードレーザーの痛みは?

ダイオードレーザーは、他のレーザー脱毛と比べて痛みが少ないと評判です。これは、照射時間の短さが大きく関係します。レーザーが当たる時間が短いぶん、肌へのダメージが軽減。脱毛器には冷却機能がついているので、他の医療レーザーと比べても3分の1程度の痛みで済むと言われています。

また従来の脱毛器だと、20ジュール(エネルギーの単位)ほどで肌は火傷を起こすと言われてきましたが、ダイオードレーザー脱毛だと倍の40ジュールでも火傷の心配がないそうです。最近は集中冷却システムが搭載されているタイプも多いので、脱毛と冷却を同時に行うことで痛みはほとんどありません。

ダイオードレーザーの代表的な機種を紹介

ライトシェアデュエット

ショット式の脱毛器で、大小2つのハンドピースが付いています。大きなハンドピースには吸引機能が。皮膚を引っ張り毛根を照射口に近づけて照射するので、高い効果を期待できます。小さいハンドピースは指やVIOのように、狭い・複雑な部分に照射が可能です。

メディオスターNeXT

普及率がジワジワと高くなってきている脱毛器です。「バルジ」と呼ばれる発毛因子に対してダメージを与え、毛の周期に関係なく施術できるのが特徴的。痛くない医療脱毛としても知られていて、出力自体が弱く、医療レーザー特有の瞬発的な痛みがありません。

ソプラノアイス

ソプラノアイスは、他の脱毛器と比べて痛みが少ない蓄熱式の脱毛機器です。

こちらでは、痛みの少ないソプラノアイスを導入しているクリニックをランキング形式で紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

皮膚科の専門医が所属する
京都市内のおすすめレーザー脱毛クリニックをcheck

京都でダイオードレーザーを導入しているクリニック

京都内でダイオードレーザーを取り入れているクリニックをまとめました。参考にしてみてください。

皮膚科岡田佳子医院
使用している脱毛器 ソプラノアイス
所在地 京都府京都市下京区室町通四条下ル鶏鉾町480 オフィスワン四条烏丸5F
診療時間 月・水・木・金15:00~19:00、水11:00~12:30、土10:00~12:30
北尾クリニック
使用している脱毛器 キュリアプラス
所在地 京都府京都市中京区横鍛冶町115 ヴェルメゾン御所西1F
診療時間 月水金9:00~12:00/13:00~16:00/17:00~19:00 火曜日9:00~12:00/17:00~19:00 木・土9:00~12:00
リブメディカルクリニック
使用している脱毛器 ダイオードレーザー
所在地 京都府京都市上京区仁和寺街道千本西入五番町165 3F
診療時間 月水金9:30~12:00/17:30~19:30 火曜日9:30~12:00/14:00~17:00 木・土9:30~12:00
大西皮フ科形成外科医院
使用している脱毛器 ソプラノアイス
所在地 京都府京都市下京区長刀鉾町31 四条ビヨンドビル5F
診療時間 火水木金10:00~18:00 土10:00~17:00
ヴェリィ美容形成クリニック
使用している脱毛器 ライトシェアXC
所在地 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町717-1 京都駅前ビルB1F
診療時間 平日・祝日10:00~19:00 土曜10:00~17:00
城本クリニック 京都院
使用している脱毛器 ライトシェア
所在地 京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル ガーデンビル3F
診療時間 10:00~19:00(※完全予約制)
くみこクリニック四条烏丸院
使用している脱毛器 ライトシェア
所在地 京都府京都市下京区四条通東洞院東入立売西町66番地 京都証券ビル6F
診療時間 11:00〜20:00(※完全予約制)
山本クリニックソフトメディ
使用している脱毛器 コメット
所在地 京都府京都市伏見区竹田七瀬川町86-8山本整形外科スキリニック隣 ソフトメディビル
診療時間 月火水金10:00~20:00 土曜日10:00~19:00
えいご皮フ科
使用している脱毛器 ライトシェアデザイア
所在地 京都府京都市中京区御池通御幸町西入御池大東町596番Kiyoshi Build 清3F
診療時間 平日10:00~19:30(※水曜日を除く) 土曜10:00~17:00
四条トキコクリニック
使用している脱毛器 ライトシェア
所在地 京都府京都市下京区四条通高倉西入 アソベビル8F
診療時間 月~土10:30~19:00
しげまりこ皮膚科クリニック
使用している脱毛器 eLaser
所在地 京都府京都市左京区松ヶ崎六ノ坪町4-5 ランブラス松ヶ崎1F
診療時間 平日9:00~12:00/13:00~17:00(※火金は17:00~18:30の診療相談可能) 土曜9:00~12:00
【当サイトで紹介している施術について】
医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛では、まれに赤み、ヒリヒリ感、火傷、毛嚢炎(もうのうえん)、むくみ、増毛、硬毛化、打ち漏れのような症状が現れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の相場

医療レーザー脱毛は5~10回の施術(1か月半~2か月のスパン)で完了します。また、脱毛の相場は部位によって異なります。中でも人気が高いワキ脱毛の相場は、1万3,000円(※両ワキ5回コース)です。

針脱毛のリスク

針脱毛は針に電気を流して毛根に与える施術です。医師の技術が足りない場合、電気の熱による赤みや炎症、火傷や痛み、毛穴の腫れなどが生じるため、ご注意ください。また、針脱毛で使用する針の衛生管理が行き届いていない場合は、肝炎やHIVなどの血液感染リスクが考えられます。

針脱毛の相場

針脱毛は5~10回の施術(1か月~2か月のスパン)で完了します。また、針脱毛は脱毛料金のほかに初診料、血液検査料、針代、麻酔代などがかかるため、事前に調べておきましょう。針脱毛の脱毛料金は脱毛したい部位の毛量や面積、施術時間などによって異なります。料金体系はクリニックによって異なりますが、脱毛完了までにかかる金額の目安は10万円前後です。