ヤグレーザー

医療レーザーの中でもナンバー1の波長の長さをもつヤグレーザー。

ここでは、その特徴や痛みの強さ、代表的な機種、どんなタイプの方におすすめかなど、ヤグレーザーに関するさまざまな情報をまとめています。

波長の長さが魅力のヤグレーザー

日本に導入されている医療レーザーは、アレキサンドライトレーザーダイオードレーザー、ヤグレーザーが代表的。ですが、この3つをさらに比較すると、ヤグレーザーは3番手と言えるかもしれません。

ヤグレーザーは医療レーザーの中でもとくに波長が長く、皮下組織の深いところまでレーザーが行き届くのが魅力。ほかの2つではカバーできない部分に有効と言われ注目度は高いものの、導入数でいえば劣っています。特に大手の医療クリニックでの導入はほとんどないのだとか。

ヤグレーザーによる脱毛を希望する方は、個人クリニックを探してみましょう。

ヤグレーザーの特徴

ヤグレーザーの特徴をまとめたので、参考にしてみてください。脱毛効果以外にも女性に嬉しい効果がありますよ!

波長が長い

医療レーザーの中でもとくに波長が長いヤグレーザー。

アレキサンドライトレーザーが755nm、ダイオードレーザーが800nmに対して、ヤグレーザーの波長の長さは1064nmです。

濃い毛に対する脱毛効果が高い

ヤグレーザーは、ワキのように毛が濃い部分に対して効果が高いと言われています。

波長が長いぶん皮下組織にある毛根までレーザーがきちんと届くので、女性だけでなく男性の脱毛にもおすすめです。

指や顔など産毛の脱毛もOK

メラニン色素が薄い産毛は、脱毛が難しいと言われています。ヤグレーザーならメラニン色素の薄さにかかわらずダメージを与え、脱毛効果を得ることが可能です。

肌の色素が濃くても脱毛できる

日に焼けた肌や地黒肌に対しても脱毛OKです。

ヤグレーザーは皮下組織の奥で反応するもの。そのため、肌に直接的な影響はありません。火傷のリスクが低と言われています。

美肌効果

ヤグレーザーは美容皮膚科においてシミ・そばかす・傷跡などの除去治療に使われるほど。照射時にコラーゲンを生成できることが関係しています。

どんな人・毛質に適している?

ヤグレーザーをおすすめしたいタイプの方をまとめたので、参考にしてみてください。

日焼けをしている、または色黒

ヤグレーザーは黒いものに反応しないので、地肌が黒い方や肌が日に焼けてしまっている人におすすめ。メラニン色素がある部分に対しても高い効果が期待できます。

毛が濃い人にも

レーザーの波長が長いことから、きちんと毛根まで届きます。毛根に対して直接働きかけるので、毛深い・剛毛でも問題ありあません。

肌がボロボロでも

カミソリまけや毛抜きで毛穴が開きっぱなしになっているなど、自己処理によって肌がボロボロの人におすすめです。

ヤグレーザーは美容にも効果があるので、肌に優しい脱毛と言われています。肌のダメージ具合によっては施術不可の場合もありますが、まずは相談してみましょう。

ヤグレーザーの痛みは?

アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーと比べると、痛みは強め。高い効果が期待できるだけあって、炎症を起しやすいデメリットがあげられます。

なかには「麻酔がないとムリ」という方もいるそうです。脱毛を受ける方にとって痛みは極力避けたいものなので、施術の前には医師によく確認したほうが良いでしょう。

ワキや腕など箇所によっては痛みはあまりないものの、VIOのように痛みを感じやすい部位にはおすすめできません。

ヤグレーザーの代表的な機種を紹介

ヤグレーザーの代表的な機種は以下のとおり。

ジェントルヤグ

アメリカのシネロン・キャンデラ社が開発した医療レーザー。「パワフル」という言葉がピッタリで、ジェントルヤグの脱毛効果は、目を見張るものがあります。

クールグライド

アメリカのFDAが脱毛効果を承認している脱毛器です。ほかの脱毛で失敗した経験を持つ方でも満足できると評判。濃い・太い毛にも高い脱毛効果を発揮します。

エリート

アメリカのサイノシュアー社が開発したレーザーです。日本人の皮膚の色に適していると言われ、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの両方が内臓されています。冷却装置がついているため、ジェルは不要。痛みの軽減にもつながります。

脱毛以外の効果にも注目!

脱毛治療において高い効果を発揮するヤグレーザーは、美容面でも活躍します。シミやそばかすの治療に使われ、美容に良いとされるレーザーなのです。

たとえば、FDAが認可している「ヤグレーザーピーリング」。皮膚表面のピーリング効果と深部まで熱を行き届かせる効果があり、肌の新陳代謝を正常に戻す働きがあります。コラーゲンの増殖を促してくれるので、肌にハリがでてきますよ。

「QスイッチYAGレーザー」を使用した治療では、シミやアザにレーザーを照射し、ターゲットとなる色素をピンポイントに破壊・除去。周囲の組織に傷をつけることなく、皮膚が受けるダメージを最小限にとどめます。アザには黒や茶、青などさまざまな色がありますが、どんな色のアザにも対応できるのが◎。

京都でヤグレーザーを導入しているクリニック

京都市内でヤグレーザーを取り入れているクリニックをまとめました。参考にしてみてください。

京都スキンクリニック
脱毛器 ジェントルヤグ
所在地 京都府京都市下京区河原町通松原下る植松町717 幸兵ビル6F
診療時間 10:30~18:00(完全予約制)
伏見駅前陳皮フ科形成外科クリニック
脱毛器 エリート
所在地 京都府京都市伏見区深草柴田屋敷町12-1 フレーヴァー藤森1F
診療時間 月水木金土9:00~12:00/16:00~18:30(※13:00~16:00は予約施術・手術)
しげまりこ皮膚科クリニック
脱毛器 ロングパルスヤグレーザー
所在地 京都府京都市左京区松ヶ崎六ノ坪町4-5 ランブラス松ヶ崎1F
診療時間 平日9:00~12:00/13:00~17:00(※火金は17:00~18:30の診療相談可能) 土曜9:00~12:00
すなおクリニック
脱毛器 クラリティツイン
所在地 京都府京都市下京区四条通寺町西入奈良物町375 京都四条ビル3F
診療時間 平日10:30~19:00 土曜9:30~18:00
【当サイトで紹介している施術について】
医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛では、まれに赤み、ヒリヒリ感、火傷、毛嚢炎(もうのうえん)、むくみ、増毛、硬毛化、打ち漏れのような症状が現れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の相場

医療レーザー脱毛は5~10回の施術(1か月半~2か月のスパン)で完了します。また、脱毛の相場は部位によって異なります。中でも人気が高いワキ脱毛の相場は、1万3,000円(※両ワキ5回コース)です。

針脱毛のリスク

針脱毛は針に電気を流して毛根に与える施術です。医師の技術が足りない場合、電気の熱による赤みや炎症、火傷や痛み、毛穴の腫れなどが生じるため、ご注意ください。また、針脱毛で使用する針の衛生管理が行き届いていない場合は、肝炎やHIVなどの血液感染リスクが考えられます。

針脱毛の相場

針脱毛は5~10回の施術(1か月~2か月のスパン)で完了します。また、針脱毛は脱毛料金のほかに初診料、血液検査料、針代、麻酔代などがかかるため、事前に調べておきましょう。針脱毛の脱毛料金は脱毛したい部位の毛量や面積、施術時間などによって異なります。料金体系はクリニックによって異なりますが、脱毛完了までにかかる金額の目安は10万円前後です。