永久脱毛の定義について

永久脱毛でムダ毛の悩みを解消したい!賢い脱毛方法とは?

自分で処理してもすぐに生えてきてしまうムダ毛。特に露出の多い夏は悩みの種ですよね。どんなにオシャレしてもムダ毛があったら台無し。だからこそ、ムダ毛の処理は徹底したいと思っている人も多いと思います。

ネットや雑誌広告でよく目にする「永久脱毛」を受けたら、本当にムダ毛の悩みは解決できるのでしょうか。ここでは、永久脱毛について徹底解明していきます。

永久脱毛はどこで受けられる?

「永久脱毛するならエステサロンへ」という考えは間違いです。なぜなら、エステサロンで行っている脱毛は一時的に毛の量を減らすだけで永久脱毛ではないからです。

エステサロンでは法律上、長期的な脱毛効果のある施術を行うことができません。そのため永久脱毛を受けたいならクリニックを受診する必要があります。

永久脱毛したらもう毛は生えてこない!?

永久脱毛は確かに長期的にムダ毛を生えにくくする施術ではありますが、一生はえてこないというわけではありません。とはいえ、自己処理やエステサロンでの脱毛に比べれば、かなりの脱毛効果は期待できます。

アメリカの電気脱毛協会は永久脱毛の定義について、「施術後1ヶ月の発毛が20%以下となる脱毛」としています。一生生えてこないとは言えませんが、ムダ毛がほとんどないツルツル肌を実現できるのです。

永久脱毛のメカニズム

医療レーザーによる脱毛は、永久脱毛として認定されていません。発毛を促す毛乳頭にダメージを与えることで毛を生えにくくします。ただし、そのためには毛の成長期を待たなければいけません。

毛の成長サイクルは「毛周期」と呼ばれ、毛が成長する「成長期」、毛の成長が止まり抜けるまでの「退行期」、抜けてから再び生え始めるまでの「休止期」に分かれています。

つまり、脱毛の施術を受けても1回ですべて脱毛できるわけではなく、成長期の毛のみ脱毛が可能ということです。また、毛周期は個人や部位によってサイクルが異なるため、それぞれの周期に合わせて脱毛する必要があります。

脱毛を受ける時は、脱毛のメカニズムをしっかりと理解し、効果的に受けることが重要です。

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違い

医療レーザー脱毛は、クリニックでのみ受けられる施術です。一方、エステサロンで行われている脱毛は光脱毛と言い、医療レーザー脱毛より出力が弱めに設定されています。

エステサロンでは医師がいないため、照射パワーが強い医療レーザーが使えないのです。出力が弱い分、肌へのダメージが少ないというメリットもありますが、脱毛効果はそれほど期待できません。

また、施術後にトラブルがあっても対処できないため、もしトラブルが起きた場合はクリニックを受診することになります。

医療脱毛とエステ脱毛の違いについて詳しくはこちら>>

医療機関とエステサロン、どちらを選ぶべきか?

脱毛完了までの期間は?

脱毛完了までの期間は断然、医療レーザーによる脱毛のほうが短くなります。照射パワーが強いので当然と言えますよね。

とはいえ、毛周期に合わせて脱毛する必要があるため、1回で脱毛を完了することはできません。毛質や部位にもよりますが、1ヶ月半から2ヶ月の間隔を開けて、5回以上施術を受ける必要があります。

エステサロンでは、脱毛効果が弱い分、さらに期間がかかります。短くても1年以上、長ければ9年もの期間がかかることもあるのです。

料金の違いは?

脱毛1回にかかる料金は、エステサロンのほうが安くなります。全身脱毛では1回3万円前後が相場です。

一方、医療レーダー脱毛は1回5万円から8万円が相場となっていて、高額な費用がかかります。ただし、脱毛完了までに受ける施術の回数は医療レーザーのほうが少なくなるため、最終的には医療レーザーのほうがお得になるケースも。

医療レーザー脱毛では脱毛完了までの費用が30万円程度、エステサロンの場合少なくとも12回以上施術を受ける必要があるので最低でも36万円の出費となります。

痛みがより少ない機器は?

エステサロンではダメージの少ない脱毛を行うので、医療レーザーに比べて脱毛の痛みが少ないと言われています。

痛いのが苦手な方は、冷却装置が搭載されている医療レーザー脱毛がおすすめです。

それでも痛みが出る人には麻酔を使うことも可能。もちろん医療機関なので、何かトラブルがあった時の対処も万全です。

機器を選ぶポイント!医療レーザーの種類は?

一言で医療レーザーと言っても、脱毛で使用するレーザーには種類があります。クリニックによって使用するレーザーが違うので、それぞれのレーザーの特徴を理解しておくことが大切です。

また、クリニックによっては毛質や部位によって使い分けていることもあります。ここでは、医療レーザーの種類や特徴、医療レーザー機器について紹介していきます。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは現在多くのクリニックで導入されています。日本人の肌に合うため、高い脱毛効果が期待できます。

アレキサンドライトレーザーの特徴は施術後の美肌効果。顔の脱毛でシミが消えたり、ワキの脱毛で黒ずみが薄くなったりするといった効果が期待できるのです。美容皮膚科のシミ治療にも利用されています。

もちろん高い脱毛効果も魅力です。施術を受けて約10日で毛が抜け落ちてきます。1回の施術で効果が実感でき、5~6回の施術で永久脱毛の状態に近づけます。脱毛する時には冷却ガスにより痛みを軽減できるので、少ない痛みで施術可能です。できるだけ早く永久脱毛したい人や痛みに弱い人、美肌になりたい人におすすめ。

アレキサンドライトレーザーを使用した脱毛機器

  • ジェントルレーズ
  • アポジーエリート
  • G-MAX
ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは従来の脱毛用医療レーザーよりさらに痛みが少ない医療レーザーです。アメリカのFDA(米国厚生省食品医療局)により永久脱毛の効果が認められています。

アレキサンドライトレーザーと異なる特徴は、色素の薄い毛や産毛、日焼けした肌にも使えるという点です。また、高い出力でも肌にやさしく、脱毛の持続効果が高いと言われています。その理由は他のレーザーと比べて1回あたりの照射に対するパルス持続時間が短いからです。そのため3回程度施術を受けると、かなりの脱毛効果を実感できます。毛周期に合わせて施術を受けると、1年から2年で永久脱毛が完了します。

すべての毛を脱毛するのではなく、毛の量を調整することも可能。照射回数や機器の出力を調整できるので、自分の希望に合った毛の量に調整できます。

ダイオードレーザーを使用した脱毛機器

  • ソプラノアイス
  • メディオスター
  • ライトシェアデュエット
YAGレーザー

YAGレーザーは他のレーザーと比べると波長が長く、レーザーが肌の奥まで届きやすいという特徴があります。そのため、毛根の深い毛にも脱毛効果を発揮することができるのです。他のレーザーでどうしても残ってしまうムダ毛もYAGレーザーならしっかり毛根まで届き、発毛組織を破壊することができます。

YAGレーザーのもう1つの特徴は日焼けした肌にも使えるという点です。波長が長いため、肌の色素に反応することなく、毛根に到達できるからです。そのため日焼けした肌でもダメージを与えることなく、脱毛することができます。色素沈着を起こしやすいVIO部分の脱毛も可能です。

ただし、他のレーザーと比べて痛みが出てしまうのがデメリットと言われています。現在では冷却システム搭載の機器もあるので、脱毛直後に冷却ガスを噴射することで痛みを軽減することができます。利用する場合は、医師によく相談しましょう。

YAGレーザーを使用した脱毛機器

  • ジェントルヤグ

【結論】短期間で効果を感じたいなら医療レーザーによる永久脱毛がおすすめ!

永久脱毛を目指すなら医療レーザーによる脱毛がおすすめです。

1回あたりの施術料金はエステサロンに比べて高くなるものの、施術回数が少なく短期間での脱毛が可能なので、トータルで考えると医療レーザーのほうがお得。

医療レーザーを受ける時は、使用するレーザーや脱毛機器についてよく確認して、納得できる永久脱毛を実現しましょう。

皮膚科の専門医が所属する
京都市内のおすすめレーザー脱毛クリニックをcheck

【当サイトで紹介している施術について】
医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛では、まれに赤み、ヒリヒリ感、火傷、毛嚢炎(もうのうえん)、むくみ、増毛、硬毛化、打ち漏れのような症状が現れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の相場

医療レーザー脱毛は5~10回の施術(1か月半~2か月のスパン)で完了します。また、脱毛の相場は部位によって異なります。中でも人気が高いワキ脱毛の相場は、1万3,000円(※両ワキ5回コース)です。

針脱毛のリスク

針脱毛は針に電気を流して毛根に与える施術です。医師の技術が足りない場合、電気の熱による赤みや炎症、火傷や痛み、毛穴の腫れなどが生じるため、ご注意ください。また、針脱毛で使用する針の衛生管理が行き届いていない場合は、肝炎やHIVなどの血液感染リスクが考えられます。

針脱毛の相場

針脱毛は5~10回の施術(1か月~2か月のスパン)で完了します。また、針脱毛は脱毛料金のほかに初診料、血液検査料、針代、麻酔代などがかかるため、事前に調べておきましょう。針脱毛の脱毛料金は脱毛したい部位の毛量や面積、施術時間などによって異なります。料金体系はクリニックによって異なりますが、脱毛完了までにかかる金額の目安は10万円前後です。