【番外編】脱毛の歴史を紐解く

脱毛はいつから行われていた?脱毛の歴史を紐解く

脱毛は、現代女性にとって美容やおしゃれといった観点はもちろん、身だしなみとして不可欠なもの。ツルツル・スベスベの肌は美しい女性の基本だからです。

今やムダ毛の処理は当たり前。自己処理も含め、ムダ毛処理を全くしていない女性なんていないのではないでしょうか。クリニックやエステで脱毛の施術を受ける人も少なくありません。

それにしても、脱毛はいつから行われるようになったのでしょう。戦後、あるいはそれよりもっと前からかもしれません。

このページでは脱毛の歴史について、ご紹介します。

脱毛は古代から行われていた!?

古代文明の象徴・ピラミッドのイメージ画像

実は、脱毛の歴史は驚くほど長いのです。考古学では、文明が始まる以前から石器や貝殻、動物の歯などを用いた脱毛が行われていたとされています。

文献に記されている最も古い脱毛剤についての記述は、紀元前4000年から3000年頃の古代オリエントのものです。

この頃、地中海周辺の地域や古代オリエントでは、宗教的な理由から体毛は不浄のものとされていました。そのため、石灰やデンプンなどに水と香料を混ぜてペースト状にしたものを肌の上に置き、こすり合わせることで脱毛を行っていたそうです。

紀元前3000年頃には、メソポタミア南部の都市シュメールでピンセットや毛抜きのような道具を使った脱毛が行われていたとされています。また、古代アラビア人など地中海周辺に住む人々は縄の間に毛を挟み込んで脱毛することもあったそうです。

紀元前300年から100年頃のものと推測される古代ギリシャの出土品からは、脱毛に使われていたとみられる青銅製のピンセットも見つかっています。

また、古代エジプトでも脱毛剤が使われていました。紀元前3000年頃はハチミツと砂糖を煮立ててペースト状にし、それを肌に塗って剥がすことで脱毛を行っていたのです。

また、紀元前30年頃の埋蔵品の中から青銅製のカミソリが見つかっており、エジプトの女王クレオパトラも脱毛していたと言われています。

このように、人は古代から美容や宗教上の理由で脱毛を行っていたと推測されているのです。

日本の脱毛の歴史は平安時代が始まり?

平安時代の女性の後ろ姿イラスト

日本における脱毛の歴史は平安時代が始まりとされています。

脱毛については、枕草子や源氏物語にも記述があります。それによると、平安時代の女性は額の生え際を整えるために貝殻を使って余分な毛を抜いていたようです。

眉毛を抜いて、もともと生えていた部分より高い位置に楕円形の眉を墨で描く「引眉」も始まり、眉毛を抜くための脱毛が行われていました。

平安時代、貴族の女性の間では脱毛についての関心が高く、脱毛は美の追求や慣習のために欠かせないものだったことがうかがえます。

江戸時代に入ると、男性の間でも脱毛が行われるようになり、髭やすね毛、わき毛、陰毛などを軽石や貝、カミソリなどで処理していたようです。女性も同じような方法で脱毛を行っていたと言われています。

さらに、平安時代から続く「引眉」が一般女性の間でも広まり、毛抜きやカミソリを使って眉や頭髪を整えていました。遊郭で働く遊女の間では陰毛の脱毛が行われ、軽石に毛を挟んでこすり合わせることで脱毛したり、線香で毛を焼いたりしていたようです。

江戸時代の書物には、脱毛剤についての記述もあり、木の実の油に軽石を粉状にしたものを混ぜて肌に塗り、手足の脱毛を行っていたとされています。

明治時代には西洋文化の到来に伴い、より脱毛に対する関心が高まりました。一時的に毛を処理するのではなく、永久脱毛を試みようとする人まで現れたのです。

しかし、その方法はどれも永久脱毛の効果はなく、肌を痛めてしまう危険なものでした。

電気分解脱毛の始まり

1875年、アメリカで眼科医のチャールズ・E・ミッチェルにより、逆まつげの治療のため、直流電流により毛を脱毛する方法が考え出されました。

電気針を使用した脱毛法で、毛穴に針を刺して電流で毛乳頭を破壊することで永久ともいえるような脱毛が可能になったのです。

これをムダ毛の処理に応用しようと、電気分解脱毛はさらに開発が進められていきます。

電気分解脱毛が一般的に使用されるようになったきっかけは、アメリカのポール・N・クリーが1916年に発売したマルチプルプローブ電気分解脱毛器です。

彼は脱毛器の販売だけでなく、電気脱毛士の指導をしたり、電気脱毛を市場に広めたりしたことでも知られています。

これにより、電気分解脱毛は医師が行う医療行為から、一般の人が美容目的で行うものへと変わっていきました。

高周波脱毛法の発表

電気分解による脱毛に加え、高周波による脱毛法も開発されました。

1924年フランス人医師アンリ・ボルディは、高周波を直接「毛包幹細胞」に流して熱を加えることで、毛乳頭を破壊する方法を考案。その後、高周波脱毛器に真空管が使用され、より精度の高い脱毛ができるようになりました。

さらに、1945年にはアメリカのエンジニア、ヘンリー E. St. ピエールが、アーサー R. ヒンケルと共同で電気分解脱毛法と高周波脱毛によるブレンド脱毛法を考案しました。

現在でも、クリニックやエステではこの脱毛法を用いた「針脱毛」や「ニードル脱毛」と呼ばれる施術が行われています。日焼けした肌や色素沈着した肌にも使え、しかも高い脱毛効果が期待できる脱毛法です。しかし、毛穴1つ1つに針を刺していく方法であるため、時間がかかり過ぎるという問題もあります。

日本では1970年代にブレンド脱毛器が導入され、エステやクリニックで使われるようになりました。日本でもプロの施術による脱毛が可能となったのです。

医療レーザー脱毛の技術

現在、クリニックで行われている脱毛法の多くは医療レーザーによる脱毛法です。

医療レーザーは、もともとアメリカのロックス・アンダーソンが発表し、これを医学的に応用することで、さまざまな治療に役立てられています。

レーザー脱毛の研究も進められ、毛の色素に反応するレーザーを用いることで脱毛を可能にしました。

日本には、1997年にレーザー脱毛器が輸入され、現在もさまざまな医療レーザー脱毛機器が使われています。

医療レーザー脱毛は針脱毛に比べ痛みが少なく、短期間で脱毛に近い状態にできるのがメリット。そのため、現在では気軽に脱毛を受けることが可能となっています。

【当サイトで紹介している施術について】
医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛では、まれに赤み、ヒリヒリ感、火傷、毛嚢炎(もうのうえん)、むくみ、増毛、硬毛化、打ち漏れのような症状が現れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の相場

医療レーザー脱毛は5~10回の施術(1か月半~2か月のスパン)で完了します。また、脱毛の相場は部位によって異なります。中でも人気が高いワキ脱毛の相場は、1万3,000円(※両ワキ5回コース)です。

針脱毛のリスク

針脱毛は針に電気を流して毛根に与える施術です。医師の技術が足りない場合、電気の熱による赤みや炎症、火傷や痛み、毛穴の腫れなどが生じるため、ご注意ください。また、針脱毛で使用する針の衛生管理が行き届いていない場合は、肝炎やHIVなどの血液感染リスクが考えられます。

針脱毛の相場

針脱毛は5~10回の施術(1か月~2か月のスパン)で完了します。また、針脱毛は脱毛料金のほかに初診料、血液検査料、針代、麻酔代などがかかるため、事前に調べておきましょう。針脱毛の脱毛料金は脱毛したい部位の毛量や面積、施術時間などによって異なります。料金体系はクリニックによって異なりますが、脱毛完了までにかかる金額の目安は10万円前後です。