ツルツル美肌を目指す!効果の高い医療脱毛クリニックin京都

ツルツル美肌を目指す!効果の高い医療脱毛クリニックin京都

妊娠中の医療脱毛について

妊娠中は脱毛施術を受けることはできません。主な理由は2つあり、1つは母子の健康のため、もう1つは妊娠中のホルモンバランスの乱れによって体毛の生え方が変化するため。ほとんどのクリニックでも妊娠中の脱毛施術は禁止されています。

妊娠中は何故医療脱毛ができない?

前述の通り、妊娠中の脱毛施術は2つの理由から受けることができません。まず「母子の健康のため」というのは、使用するレーザー機械などが、胎児や妊娠中の母体にどのような影響を及ぼすか、はっきりとわかっていないため。2つ目の理由については、妊娠中はホルモンバランスの影響により体毛が濃くなる傾向にあります。このため、脱毛してもあまり効果が得られません。効率も悪いので、出産後ホルモンバランスが安定してから施術を受けることをおすすめします。

医療脱毛は妊娠中の母子にとって危険?

使用するレーザー機械が母子にどのような影響を与えるか、はっきりと解明されていませんが危険度は低いとされています。妊娠初期などは、妊娠に気がつかないままで施術を受けてしまい、後から心配になる方もいますが、レーザーは体の奥ではなく毛根までしか届きません。このため胎児に直接影響が出る可能性は低いとされています。ただし、必ずしも影響を及ぼさないとは言い切れないので、妊娠中の施術はほとんどのクリニックで禁止されているのです。

妊娠が発覚した時の対処法

施術期間中に妊娠していることがわかった場合、すぐにクリニックへ連絡しましょう。基本的に妊娠中の施術は受けられないので、クリニック側と脱毛スケジュールの調整が必要になります。また、契約内容の確認なども必要なので、併せてしっかりチェックしておきましょう。

有効期限の確認

クリニックによって異なりますが、脱毛施術には有効期限が設けられています。場合によっては妊娠中に有効期限が切れてしまうことも。妊娠がわかったらすぐに連絡して、有効期限延長の申し込みをしましょう。ただし、全てのクリニックで延長ができるわけではありません。妊娠する可能性がある方は契約前に確認しておくことをおすすめします。

今後の予定などをクリニックに相談する

出産を終えても、すぐに脱毛施術が受けられるわけではありません。ホルモンバランスが安定するまで期間を設ける必要があります。どのくらいでホルモンバランスが安定するかは、体質や育児方法などにより個人差があるので、その点も含めクリニック側としっかり相談しましょう。ただし、クリニックによって対応可能な範囲が異なるので注意が必要です。

脱毛を再開できるのはいつになる?

妊娠中は基本的に脱毛施術が受けられません。そこで気になるのが、いつになったら脱毛施術が再開できるのかです。以下は再開時期のおおよその目安です。出産後、スケジュールを組み立てる際の参考にしてみてください。

授乳終了後、生理が2回来たら再開することが多い

脱毛施術はホルモンバランスが安定しなければ効果を実感できる脱毛ができません。多くのクリニックでは、授乳終了後に生理が2回来たらホルモンバランスが安定したと判断し、再開することができます。ただし、これはあくまで目安です。クリニックによって細かく条件が異なってくるので、施術をお休みする前にしっかり確認しておきましょう。

授乳方法で再開時期が大きく異なる

出産後、生理が来るのは授乳方法により異なります。完全ミルクの場合、生理が再開するのは約3ヶ月、母乳の場合は約1年かかります。両方を使い分けて育児をする方もいるので、この期間もあくまで目安となります。どのような形で育児をするのか計画を立てて、いつから施術が再開できるのか、クリニックとしっかり相談しましょう。

ツルツルを目指す。京都の医療脱毛クリニックランキング
 
Copyright (c) 京都市内で医療脱毛するならココ!人気のクリニック特集 All Rights Reserved.