施術時の痛みについて

京都で脱毛をお考えの人に、施術中の痛みについての情報や、痛みを和らげる対策などを説明します。

施術の痛みは回を増すごとに軽減されていく

京都にもレーザー脱毛が行えるクリニックは数多く存在しますが、どうせなら少しでも痛みへの配慮をしてくれるところで受けたいものですね。

レーザーでの脱毛は痛みは全くないとは言い切れません。初めて施術を受ける人の中には、思ったより痛くて驚いたという人もいます。しかし、これはカウンセリングを十分に受けられなかったことに関係している場合が多いです。

レーザー脱毛は毛の黒色のみに反応する性質を利用したものなので、初回のムダ毛が多い時に受けると痛みを感じる人が多いのです。

それを回避するために、クリニックではカウンセリングの際に試しうちを推奨しています。希望者のみのところもありますが、自分に合ったレーザーの出力を知るためにも、一度受けておくことをおすすめします。思ったより痛かったなら、出力を下げてもらうことで軽減できます。

また、先に述べた通り、ムダ毛が多い初回が痛みのピークと言えます。そのため、多くの人は「初回は痛かったのに、次からはそんなに痛くなかった」と感想を抱きます。受ける回数が増すごとにレーザーに反応する黒く濃い毛の数が減っていきますから、段々と痛みを感じなくなっていくのです。

また、クリニックによっては麻酔テープや冷却ガスで痛みを和らげてくれます。その分料金が割高となっている場所もありますので、料金面に疑問を感じたら確認してみましょう。麻酔代などが含まれている可能性が高いです。

他にも皮膚の薄い人は比較的痛みを感じやすいようです。自分の皮膚が人より薄いかも知れないと思ったら、カウンセリングや試しうちの際に出力をはじめから弱めておいてもらう手もあります。ただしあまりに出力が弱いと効果も半減しますので、その点を理解しておきましょう。

施術中の痛み対策をしているクリニックを調査

脱毛を行う際に、気になるのが「痛み」です。よく「輪ゴムではじかれたような痛み」「小さな刺激」といった感想を聞くことがありますが、施術者のテクニックや導入機器によって違ってくるようです。

例えば、京都でも老舗の脱毛クリニックとして知られている「皮膚科岡田佳子医院」では、日本人の肌と相性が良くて痛みが少ない「ソプラノアイス」を導入しています。この脱毛器では、従来よりも低出力のレーザーを使用するため痛みが大幅に軽減できます。さらに、毛根を包んでいる毛包とよばれる部位に直接熱を蓄積させることで、より効果的な脱毛を実現しているのです。施術中には温かい熱が広がる程度で、痛みを感じることはほとんどありません。また、冷却装置が搭載されているので、さらに痛みを和らげることが可能です。

【当サイトで紹介している施術について】
医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛では、まれに赤み、ヒリヒリ感、火傷、毛嚢炎(もうのうえん)、むくみ、増毛、硬毛化、打ち漏れのような症状が現れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の相場

医療レーザー脱毛は5~10回の施術(1か月半~2か月のスパン)で完了します。また、脱毛の相場は部位によって異なります。中でも人気が高いワキ脱毛の相場は、1万3,000円(※両ワキ5回コース)です。

針脱毛のリスク

針脱毛は針に電気を流して毛根に与える施術です。医師の技術が足りない場合、電気の熱による赤みや炎症、火傷や痛み、毛穴の腫れなどが生じるため、ご注意ください。また、針脱毛で使用する針の衛生管理が行き届いていない場合は、肝炎やHIVなどの血液感染リスクが考えられます。

針脱毛の相場

針脱毛は5~10回の施術(1か月~2か月のスパン)で完了します。また、針脱毛は脱毛料金のほかに初診料、血液検査料、針代、麻酔代などがかかるため、事前に調べておきましょう。針脱毛の脱毛料金は脱毛したい部位の毛量や面積、施術時間などによって異なります。料金体系はクリニックによって異なりますが、脱毛完了までにかかる金額の目安は10万円前後です。