持病がある人の医療脱毛の施術可否について解説

持病を持っているけれどレーザー脱毛を受けたい!

持病を抱える女性

心臓疾患や糖尿病など、持病があるけれど脱毛の施術を受けたいという人は多いと思います。

しかし、脱毛サロンのホームページを見ていると、持病のある人は施術できないと明言しているところも少なくありません。

では、医療脱毛では施術が可能なのでしょうか?

ここでは、持病がある人に対する医療脱毛の施術可否について解説していきたいと思います。

脱毛サロンでは断られるケースが多い?

光脱毛と医療脱毛の大きな違いは、光脱毛を行う脱毛サロンは医療機関ではなく、医療脱毛を行うクリニックはれっきとした医療機関であるという点です。

医療脱毛は医師免許を持つドクターが施術を行いますが、光脱毛は無資格の人でも施術することが可能である分、もしものトラブルが発生した際に医療処置を行うことができません。

このため、施術に影響を及ぼす疾患を持っている人については、施術をお断りしているサロンが多いです。

光脱毛は医療脱毛と比較すると施術料金がかなり安いですし、店舗もたくさんあるので通いやすいため、利用したい人にとっては残念なのですが、医療処置が行えないのに疾患を持つ人を無責任に施術してしまうよりも、はるかに良心的な対応だと思います。

レーザー脱毛は持病があっても施術OKの場合がある

レーザー脱毛の場合、ドクターが施術を行いますので、もし何らかの異常が発生しても瞬時に対応することが可能です。

このため、脱毛サロンで施術をお断りされてしまった場合でも、医療脱毛であれば施術を受けられるケースは多いです。

例えば、アトピー性皮膚炎の場合、脱毛サロンで施術を断られてしまった場合でも、医療脱毛であれば施術を受けられることがあります。

もちろん、肌の状態によって症状を悪化させてしまうと判断された場合には施術できないケースもありますが、実際にアトピー性皮膚炎で医療脱毛の施術を受けている人はたくさんいます。

そのほか、糖尿病や心臓疾患などの持病を持つ人でも、状態によって施術を受けられるケースは多々ありますので、まずはカウンセリング時に相談してみてください。

もっともよくないのが、持病があることをクリニックに報告しないことです。

持病と施術は関係ないと自己判断してしまい、報告しないで施術を受けてしまうと、思いもよらないトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

例えばてんかんやパニック障害などの疾患を持つ人は、医療脱毛の施術自体が体に影響を及ぼすことは少ないですが、レーザーの光にメンタルが反応してしまい、発作を起こす可能性がないとも限りません。

何らかの疾患を持つ人、不調の自覚がある人は、必ず事前に報告してください。

まずは主治医に相談を

アトピー性皮膚炎をはじめ、比較的よく見られる疾患については医療脱毛を行うクリニックで施術の可否について判断することができますが、症例の少ない難病などにおいてはクリニック側で判断できないこともあります。

珍しい疾患や難病を持つ人は、医療脱毛を行うクリニックではなく、疾患を診てもらっている主治医に医療脱毛の可否について相談した上で施術を検討するほうがスムーズです。

疾患や症状によっては証明書などが必要な場合もありますので、カウンセリングの予約時に確認しておくとよいと思います。

【当サイトで紹介している施術について】
医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛では、まれに赤み、ヒリヒリ感、火傷、毛嚢炎(もうのうえん)、むくみ、増毛、硬毛化、打ち漏れのような症状が現れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の相場

医療レーザー脱毛は5~10回の施術(1か月半~2か月のスパン)で完了します。また、脱毛の相場は部位によって異なります。中でも人気が高いワキ脱毛の相場は、1万3,000円(※両ワキ5回コース)です。

針脱毛のリスク

針脱毛は針に電気を流して毛根に与える施術です。医師の技術が足りない場合、電気の熱による赤みや炎症、火傷や痛み、毛穴の腫れなどが生じるため、ご注意ください。また、針脱毛で使用する針の衛生管理が行き届いていない場合は、肝炎やHIVなどの血液感染リスクが考えられます。

針脱毛の相場

針脱毛は5~10回の施術(1か月~2か月のスパン)で完了します。また、針脱毛は脱毛料金のほかに初診料、血液検査料、針代、麻酔代などがかかるため、事前に調べておきましょう。針脱毛の脱毛料金は脱毛したい部位の毛量や面積、施術時間などによって異なります。料金体系はクリニックによって異なりますが、脱毛完了までにかかる金額の目安は10万円前後です。