背中

他人からはよく見えて、自分の目は届きにくい部位に「背中」があります。背中の開いたファッションを楽しみたくても、ムダ毛が生えていると悪目立ちしてしまうことに。しかし自分の目では見えず、また手も届かない部分なので、自己処理は難しいでしょう。このとき脱毛施術を活用することで、プロの手によって肌をキレイにしつつムダ毛をしっかりなくすことが可能です。ここでは背中のムダ毛処理の施術内容についてご紹介します。

背中を脱毛した人の口コミin京都

脱毛してよかった!良い口コミ

後ろが開いた服も大丈夫

色白の方は、日に焼けた方よりムダ毛が目立ちやすい傾向にあります。背中のムダ毛が気になり、好きな服装をしづらかったという人も。しかし医療脱毛をしたことで、背中の開いたファッションも楽しめるようになり、周囲に褒められたと喜ぶ声が聞かれました。

背中ニキビがよくなった

ムダ毛がなくなると毛穴が小さくなり、ニキビの原因となる汚れや細菌が入りにくくなります。そのため、脱毛を受けた人の中には脱毛後に背中ニキビが減ったという人もいるようです。ただし症状が酷いと脱毛施術自体が受けられない場合もあります。背中ニキビがある方は、事前に医師へ相談しましょう。

効果は実感しやすいのに痛みが少ない

痛みの感じ方には個人差があります。最初は痛みがあったものの施術を受け続けることで気にならなくなった方や、ほかの部分に比べるとほとんど痛みがないという人もいるようです。自己処理より効果が実感しやすいという点もメリットです。

脱毛して後悔した…悪い口コミ

汗が気になるように

毛がなくなることで汗が洋服に付着しやすくなったり、レーザーによって汗を分泌するエクリン腺が刺激される場合があります。これにより、汗が多くなったと感じる人もいるようです。ただしこれらは一時的なものであるケースも多く、汗の量自体は変わっていないので、大きな問題にはなりにくいでしょう。気になる場合は、乾きやすく通気性の高い服を着ることをおすすめします。

クリニックで受けられる背中脱毛の特徴

痛みはあるの?

脱毛で気になるのが施術時の痛みです。「痛い」という体験談も多く聞かれますが、背中の脱毛は比較的痛みが少ないと言われています。医療脱毛で使用するレーザーは、メラニン色素に反応する仕組みです。痛みの感じ方には個人差がありますが、背中のムダ毛はメラニン色素が薄く、皮膚も分厚くできているため痛みが少なく済むことも珍しくありません。

通院回数は?

効果を実感できるのは2~3回、自己処理が楽になるのが3~4回、自己処理がほぼ必要なくなるのは5、6回からです。背中は範囲が広い部位ですが、毛は普通の太さで脱毛しやすいのが特徴。このため、個人差はあるものの大抵は少ない回数で済みます。

費用の目安は?

医療脱毛の場合、自己処理が必要なくなる5回の施術で6万~8万円が相場です。ただし背中は範囲が広く、クリニックによっては背中全体で2部位とカウントされることもあります。この場合、料金は倍になるので気を付けましょう。

デメリットやリスクはあるの?

費用・時間のコストがかかりがち

背中は体のなかでもムダ毛の生える箇所が広範囲にわたります。このため、施術完了まで時間がかかるのがデメリットです。ほかの部位は数分で終わる脱毛も、背中の施術となると数十分かかることも少なくありません。

また、背中のムダ毛は薄めですが産毛が多く生えています。施術に使うレーザーは薄い産毛には反応しにくく、産毛までキレイに脱毛するにはどうしても時間がかかるでしょう。施術回数が多くなるぶんコストも高くなるので、費用は余裕を持って用意しておく必要があります。

肌トラブルのリスクがある

産毛が多い部分の脱毛は硬毛化、増毛化のリスクを高めます。背中は産毛が多いため、施術を受けることで必然的にこれらのリスクも高まるということ。また施術後に白いブツブツができる毛嚢炎が起こる場合もあります。毛嚢炎とは、施術後の毛穴に雑菌が入り込むことで起こるものです。

施術後は肌のバリア機能が低下して、さらに雑菌が入りやすい状態になっています。脱毛はこれらの肌トラブルのリスクを引き起こしかねないという点を、念頭に置いておきましょう。

背中脱毛の注意点

背中脱毛は、先述の通り肌トラブルが起こりやすい部分です。硬毛化や増毛化など、脱毛施術で背中をキレイにするつもりが、施術をしてしまったことで逆に肌トラブルの原因になる可能性もあります。シャンプーやリンスのすすぎが足りなかったり、術後に強い日差しを浴びたりするのは禁物。保湿ケアをしっかりと行いながら、硬毛化や増毛化を防ぎましょう。

レーザー脱毛が受けられる
京都市のクリニックリスト

背中を脱毛するメリット

ドレスや水着が似合う背中になれる

背中は自分の目が届かない部分ですが、他人からはよく見える場所です。範囲も広いので、ケアが行き届いていないとだらしない印象を与えてしまいます。ムダ毛が気になって好きな服が着られないという方は、背中脱毛をすることでドレスや水着を気軽に楽しめるようになるでしょう。ムダ毛のないキレイな肌になれば、どんな服も似合うようになり、オシャレの幅が広がります。

危険な自己処理をしなくてもいい

背中の自己処理は手が届きにくく、場合によっては怪我のもとになる可能性もあります。カミソリで処理している方は特に注意が必要です。自分の目では確認できないため、力加減や剃り方も間違えると傷ができてしまいます。また自己処理をしても毛は再び生えてくるので、定期的な処理が不可欠。脱毛施術を受ければ、こうした危険な自己処理から解放されます。

背中のムダ毛処理が甘いと……?

夏場など露出が多くなる時期は、背中を露出する機会も多くなります。しかし、背中は自己処理が難しい部分で、剃り残しなども多くなりがち。背中のムダ毛処理が甘いと、範囲が広いぶん悪目立ちしてしまいます。特に男性からの視線は厳しく、背中にムダ毛が残っていると、がっかりされてしまうことも。自分に見えないからといって気を抜かないようにしましょう。

背中をセルフ脱毛で処理するデメリット

肌を傷つける可能性が高い

背中のムダ毛の自己処理は、肌を傷つける可能性が高い方法です。カミソリを使った場合、手が届きにくく見えにくい場所の処理には危険が伴います。除毛クリームに関しては、配合成分自体が肌に刺激を与えるため、塗るだけで肌トラブルを引き起こすかもしれません。敏感肌の方は特に症状が出やすく、キレイな背中を手に入れるつもりが、かえって人に見せられない傷が残る可能性もあります。

思うような効果が得られない

カミソリや除毛クリーム以外にも、脱毛タオルや家庭用脱毛器といったグッズを活用する手もあります。これらのグッズはカミソリや除毛クリームと比べ、肌への刺激が少なくトラブルが起こるリスクも低いですが、医療脱毛と比べて効果は高くありません。また、脱毛効果も永続的なものではなく、再びムダ毛は生えてきます。その度処理をする必要があるので手間もかかるでしょう。

背中脱毛に行く前に必要な準備

ムダ毛が生えたまま施術を行うと、レーザーが毛根まで届かず思うような効果を得られません。これを防ぐため、施術前にムダ毛をある程度除去しておく必要があります。ただし背中は自己処理がしにくい場所なので、難しい場合は事前にクリニックへ相談しておきましょう。また当日は服を脱いだ状態で施術をするので、着脱が楽な服装で出かけることをおすすめします。

【当サイトで紹介している施術について】
医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛では、まれに赤み、ヒリヒリ感、火傷、毛嚢炎(もうのうえん)、むくみ、増毛、硬毛化、打ち漏れのような症状が現れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の相場

医療レーザー脱毛は5~10回の施術(1か月半~2か月のスパン)で完了します。また、脱毛の相場は部位によって異なります。中でも人気が高いワキ脱毛の相場は、1万3,000円(※両ワキ5回コース)です。

針脱毛のリスク

針脱毛は針に電気を流して毛根に与える施術です。医師の技術が足りない場合、電気の熱による赤みや炎症、火傷や痛み、毛穴の腫れなどが生じるため、ご注意ください。また、針脱毛で使用する針の衛生管理が行き届いていない場合は、肝炎やHIVなどの血液感染リスクが考えられます。

針脱毛の相場

針脱毛は5~10回の施術(1か月~2か月のスパン)で完了します。また、針脱毛は脱毛料金のほかに初診料、血液検査料、針代、麻酔代などがかかるため、事前に調べておきましょう。針脱毛の脱毛料金は脱毛したい部位の毛量や面積、施術時間などによって異なります。料金体系はクリニックによって異なりますが、脱毛完了までにかかる金額の目安は10万円前後です。