ツルツル美肌を目指す!効果の高い医療脱毛クリニックin京都

ツルツル美肌を目指す!効果の高い医療脱毛クリニックin京都

Oライン

外から見えやすい部分VラインやIラインの脱毛はしても、自分でも他人でも見えにくいOラインの脱毛は気にしたことがない方も多いのではないでしょうか。ここでは、Oライン脱毛の範囲やメリット、デメリットもまとめてご紹介します。

Oライン脱毛とは

Oラインはお尻の周り、というイメージを持っている方も多いと思います。しかし、脱毛施術で言うOラインとは、肛門から半径2センチメートル程度のごく狭い範囲を指します。つまりOラインはヒップ全体ではなく、肛門の周りを円を描くようにした部分のみ。Iラインと同様、デリケートゾーンの中でもごく限られた部分で、他人だけでなく自分でも見えにくい場所です。「Oラインにムダ毛なんて生えているの?」と思う方もいると思いますが、実はよく見てみるとこの部分も体のほかの部位と同じく、ムダ毛が生えているのです。

Oライン脱毛の範囲

クリニックでOライン脱毛を行う場合、脱毛範囲は肛門周辺の小さな部分。Iラインと同じで、ごく限られた範囲です。ただし、クリニックによって範囲が異なる場合があるので、Oライン脱毛を希望する人はクリニックごとの脱毛範囲をしっかり調べておきましょう。

勘違いが多いのが、Oラインの脱毛範囲とヒップの脱毛範囲です。Oラインの脱毛範囲は肛門周りのごく限られた小さな部分で、ヒップ脱毛はお尻全体の脱毛となるのでOラインは含まれません。肛門周りの脱毛をしたい場合、別途でOライン脱毛メニューを申し込む必要があります。

Oラインの脱毛はこんな人におすすめ

体毛が多く濃い方や、水着や小さな下着を履く機会の多い方にOライン脱毛はおすすめです。体毛が多いとOライン部分にもムダ毛が生えている場合が多く、体毛が濃いとOライン部分のムダ毛も濃く目立ってしまうことも。普段は自分でも他人でも見えないOラインですが、温泉など人前で脱いだときに目についてしまう可能性もあります。見えない部分だからこそ、しっかりと気を遣わなければなりません。水着や小さな下着を履く方も同様です。見えにくい部分のため、気づかないうちにムダ毛がはみ出している、ということも考えられます。

実際に脱毛して「良かった」と感じた方の感想

Oラインを脱毛して良かったと感じている方からは、「VラインやIラインと比べて脱毛効果が実感できた」「脱毛時の痛みが少ない」という声が多く寄せられています。また、「肛門周りのムダ毛がなくなることで清潔感を保てている」という意見もあります。脱毛したことでデリケートゾーンが衛生的になり、臭いやかゆみがなくなったという方もいるようです。

実際に脱毛して「後悔した」と感じた方の感想

脱毛して後悔した方の中には、「脱毛前には気にならなかった黒ずみが目立つようになってしまった」という人がいるようです。肛門周りは摩擦ダメージなどで気づかないうちに黒ずんでいることが多い部分。脱毛して地肌が見えやすくなったことで、黒ずみもはっきりと見えてしまいます。脱毛施術後の黒ずみが気になる場合、美白ケアなど別の施術が必要となることも。

Oライン脱毛のデメリット、リスク、副作用

Oライン脱毛のデメリットは、後悔した方の感想の通り、黒ずんだ肌が丸見えになってしまうこと。ムダ毛で隠れていた地肌がはっきりと見えてしまうので、場合によっては脱毛前より見た目が気になってしまう方もいるかもしれません。脱毛後もキレイな肌に見せるためには、しっかりとした美白ケアが必要です。また、脱毛で使用するレーザーは、人によって炎症を引き起こすことがあります。Oラインに炎症ができると排泄に問題が出てしまい、場合によっては日常生活に支障をきたす可能性も。このようなリスクを念頭に置き、施術を受ける必要があります。

Oライン脱毛は痛い?

「VラインやIラインの脱毛に比べて、Oラインの脱毛は痛みが少ない」という声も聞かれます。しかしデリケートゾーンは肌が薄く、痛みがダイレクトに伝わりやすい部分。そのため体のほかの部分と比べると痛みは大きく出てしまいます。また、Oライン周りのムダ毛はアンダーヘアと同じく太くて濃いのが特徴です。メラニン色素に反応して照射するレーザー脱毛では、太くて濃い部分の脱毛は痛みが大きくなります。このため、Oライン脱毛は痛みを感じやすい部分なのです。ただし、痛みの感じ方は人によって差があるため、心配な方は事前にクリニックに相談しておきましょう。

Oライン脱毛の治療回数、費用

Oライン脱毛は、ほかのアンダーヘアの脱毛より施術回数が少なくて済むという特徴があります。個人差はありますが、6回程度で終了する方が多いようです。治療期間も1年〜1年半と短期間で済みます。ただしこれはあくまで目安で、肌質や毛の濃さや量によっては回数が増減する可能性もあるので注意しましょう。費用もクリニックにより異なります。6回治療の場合、安くても6万円ほどですが、高価なクリニックの場合は20万円を超えることも。治療回数が多くなるほど費用もかさむので、料金を確認して少し多めに見積もっておくといいでしょう。

Oライン脱毛の注意点

Oライン脱毛の施術後の肌はとてもデリケート。そのため肌を強くこするのは厳禁です。トイレの後はトイレットペーパーで拭くのは控え、水流を弱に設定したウォシュレットで洗い軽くぬぐうようにしましょう。入浴時は、タオルで強くこすったり熱いお湯に入浴したりするのは避けます。肌が落ち着くまで強い刺激を与えないように気をつけましょう。また、Oライン脱毛後はかゆみを感じる方が多いようです。下着などの擦れ、乾燥など原因はさまざまですが、かきむしってはいけません。まずは冷やしてかゆみを落ち着かせ、保湿ケアやかゆみ止めを塗るといった対処をしましょう。

事前に準備しておくこと

脱毛箇所の毛が長いままだと毛根までレーザーが届きにくく、脱毛効果が減ってしまいます。このため、Oライン脱毛施術前は、ある程度ムダ毛を自己処理しておく必要があります。肌に優しいシェーバーか眉用ハサミで毛を除去しておきましょう。ただし、Oライン部分は自分では見えにくく、体が硬い方には難しいかもしれません。自己処理が難しい場合、クリニックに事前に申告しておきましょう。施術前にクリニック側で処理するなどの対応をしてくれます。また、Oラインは痔や炎症があると施術できません。施術前はOライン周辺を清潔に保ち、体調をしっかりと整えておきましょう。

ツルツルを目指す。京都の医療脱毛クリニックランキング
 
Copyright (c) 京都市内で医療脱毛するならココ!人気のクリニック特集 All Rights Reserved.