ツルツル美肌を目指す!効果の高い医療脱毛クリニックin京都

ツルツル美肌を目指す!効果の高い医療脱毛クリニックin京都

Vライン

デリケートゾーンなうえ、セルフでは難しいVラインの脱毛。露出が多くなる時期、Vライン脱毛を考える方は増えてきます。ここでは、Vライン脱毛について、施術内容や費用、実際に受けた方の感想などを、わかりやすくご紹介します。

Vラインって体のどの部分?

デリケートゾーンの周辺、外側の部分を指すVライン。パンティタイプの下着を着用したとき、そのラインに沿った部分、より詳しく言うと、お腹の下の水平なパンティラインから太ももの付け根までをVラインです。正面から見るとV字に見える部分なので「Vライン」と呼ばれています。下着を履いた時に隠れる部分がVライン、とイメージすればわかりやすいかもしれません。

Vラインのムダ毛は下着や水着からはみ出ることが多く、近年では多くの女性がVライン脱毛の施術を受けています。Vラインはデリケートゾーンの周辺で、セルフで処理することも可能ですが、根元からキレイにムダ毛処理をすることは難しい場所です。

Vライン脱毛の範囲

Vライン脱毛の範囲は、水着や下着を着用したときにはみ出る部分がメインです。ただし、正確な範囲はクリニックにより大きく異なってきます。

Vライン脱毛施術を受ける際は、自分が希望するクリニックではどの範囲が脱毛可能なのか、事前にしっかりチェックしておきましょう。脱毛可能範囲は公式ホームページなどを参考にしてください。また、クリニックによっては脱毛したい範囲を細かく指定することも可能です。太ももの付け根部分だけ、お腹の下の水平なパンティラインだけといったように、自分が気になる部分だけ脱毛ができます。Vラインのどの部分を脱毛したいか、クリニックではその部分の脱毛を行っているか、事前の下調べと計画が大切です。

Vライン脱毛のデザイン

ほかの脱毛ではなかなか見られない特徴の一つに、Vラインは脱毛のデザインを指定できる点があげられます。クリニックにより対応可能なデザインが異なるので、細かく指定して自分の好きなデザインにしたいという方は、対応可能かチェックしておきましょう。

Vライン脱毛で主流のデザインは、「スクエア」「逆三角形」の2つ。スクエア型は最もナチュラルに見える形で、逆三角形はVラインをそのまま整えるという形です。変わったデザインでは、星形やハート形といった形もありますが、こちらはデザイン性重視の方向け。多くの方が選ぶのは、自然に見えるスクエアか、逆三角形のいずれかになります。自分の体の形など、全体のバランスを見ながらデザインを決めましょう。

Vラインの脱毛はこんな人におすすめ

Vライン脱毛は必ずしも受けなければならない、というものではありません。しかし、脱毛しておくことでメリットもたくさんあります。

たとえば「下着や水着からVラインからムダ毛がはみ出てしまう」という方や、「生理のときにかゆくなってしまう」という方は、脱毛を検討してもいいかもしれません。セルフで処理するより、クリニックで脱毛する方が、コスト的にも時間的にもお得です。クリニックの脱毛はキレイに処理してくれますし、一度施術を受ければ効果は長続きします。生理の時にかゆくなってしまうというというのは、ムダ毛が多いことで発生する悩みです。見た目だけでなく、清潔に保つためにVライン脱毛はおすすめの方法なのです。

実際に脱毛して「良かった」と感じた方の感想

「施術を受けて良かった」という声が多く寄せられるほど、Vライン脱毛は人気の脱毛方法です。とある方は、Vラインのムダ毛のせいで、彼氏の前で下着姿になるのを避けていたそう。下着からはみ出てしまうムダ毛が彼氏にどう見えてしまうのか、気になっていたようです。

しかし、思い切ってVライン脱毛を受けてからは、ムダ毛がはみ出ることもなくなり、小さめの可愛い下着も自信をもって履けるようになりました。着られる下着の種類も多くなるのは、女性にとって嬉しいことです。普段見えない部分だからこそ、いざという時のためにきちんと処理しておけば安心ですね。

実際に脱毛して「後悔した」と感じた方の感想

Vライン脱毛でどうしても避けられないのが、脱毛時の痛みです。デリケートなVラインは、体の部分でも特に痛みを感じやすい部分。脱毛を受けてみたら、あまりの痛さに施術を受けたのを後悔して、そのまま施術自体を中止してしまった人もいるようです。痛みに対してクリニックではどのような対策を受けているのか、事前に確認しておくようにしましょう。

次に多く聞かれるのが、デザインに失敗したという意見。脱毛のデザインはナチュラルな形が人気ですが、勢いで広い範囲を脱毛してしまい、温泉など人前で裸になるときに恥ずかしい思いをした、という方も少なくないようです。

Vライン脱毛のデメリット、リスク、副作用

一見、メリットが多いように見えるVライン脱毛ですが、脱毛して後悔したという声は少なくありません。そのほか施術の際にはいくつかデメリットやリスクが生じるため事前にチェックしておきましょう。 まず、クリニックで受けるVライン脱毛はほとんどが永久脱毛です。このため、一度施術を受けると二度と毛が生えてきません。

Vライン脱毛のデザインや脱毛範囲などによっては、温泉などで他人にじろじろ見られて、恥ずかしい思いをしてしまう可能性があります。また、クリニックでの脱毛は肌に異常が出た場合、診断と治療を受けることができるので、大きな副作用の心配はありません。ただし、脱毛時に痛みが生じたり、脱毛完了までに時間がかかったりするというリスクがあることを知っておきましょう。

Vライン脱毛は痛い?

脱毛して後悔した方の感想や、デメリットやリスクをご紹介したとおり、Vライン脱毛は一般的に大きな痛みを感じる場合があります。これは、脱毛するレーザーが毛の部分となるメラニン色素に反応してしまうため。体のほかの部分より毛深く、色素沈着がしやすいVライン脱毛は、レーザーが強く反応してしまい、その分痛みも増してしまうのです。

さらに、Vライン部分の皮膚は、ほかの体の部分と比べて薄いため、痛みを感じやすくなっています。この2つが合わさることで、より痛いと感じてしまうのです。痛みの感じ方には個人差があり、我慢できる程度の痛みという方もいれば、激痛に耐え切れず施術を断念してしまうという方も。痛みを感じた場合は我慢せず、すぐに相談するようにしましょう。

Vライン脱毛の治療回数、費用

Vライン脱毛の施術回数には個人差があります。早ければ2~4回で済みますが、それでも効果が見られないようであれば10回施術を行うケースもあるようです。

期間は、最も早くて半年程度、長くかかる場合で2年ほど。毛の生え方、量、脱毛のデザイン、肌質などにより、脱毛の治療回数は大きく異なります。費用も、回数が多くなればその分増えていきますし、少なければ安く済ませることも可能です。ただし、どのクリニックで施術するかによっても費用に大きく差が出ます。

安いところでは6万円程度で済みますが、高いところだと10万円近くかかることも。治療回数はおおよその目安が立てられますが、費用はクリニックごとで大きく異なるということを念頭に置いておきましょう。

Vライン脱毛の注意点

Vライン脱毛をするうえで最も気をつけたいのが、どのようなデザインで脱毛するかです。デザインによっては不自然な脱毛に見えてしまい、後悔してしまう場合もあります。このようなことが起こらないよう、事前にデザインをしっかり決めておきましょう。

また、Vライン脱毛後は、施術範囲が熱を持った状態になっています。これは数日間続き、お風呂で湯船に浸かってしまうと激しい痛みを引き起こす可能性も。Vラインは皮膚が薄く、体の中でもデリケートな部分です。脱毛後の肌状態は逐一チェックしておきましょう。

脱毛後の数日間はシャワーで済ませ、肌が落ち着いてきたら湯船に浸かってください。そのほかにも、施術後に肌に異常が出てきたら、施術をしたクリニックにすぐ報告しましょう。

事前に準備しておくこと

Vライン脱毛の施術を受ける際は、事前にセルフで処理するよう求められることがあります。セルフ処理は遅くても前日までにしておきましょう。施術当日に行うと、赤みが出てしまい施術が中止になってしまう可能性も。セルフ処理は電気シェーバーやカミソリを使い、肌に傷が付かないようにしましょう。肌が敏感な方や赤みが心配という方は、余裕をもって三日前に処理しておくと安全でおすすめです。

事前の処理は、火傷のリスクを減らし、安全に施術を受けるため。ただし、クリニックによっては事前処理の方法が異なり、場合によっては処理自体が必要ない場合もあります。クリニックの指示に従い、正しく事前準備を行いましょう。

ツルツルを目指す。京都の医療脱毛クリニックランキング
 
Copyright (c) 京都市内で医療脱毛するならココ!人気のクリニック特集 All Rights Reserved.