公開日:|最終更新日時:

ハヤブサ

ハヤブサの概要を紹介

ハヤブサの仕組みとメリット

ハヤブサは、発毛を促す司令塔である「バルジ領域」を狙って照射する脱毛機です痛みの軽減と施術時間の短縮にメリットがあります。

これまでの医療脱毛で使われていたレーザーは、黒い色素を狙って毛根や毛母細胞を一気に熱破壊する方法が主流でした。毛根処理時の熱こそが、痛みの原因です。

現在では、毛の幹細胞は、毛根ではなく、「バルジ領域」にあると判明しています。発毛の元は「バルジ」だと分かったことで、バルジ領域を狙った脱毛機が製造されるようになりました。

バルジ領域は、毛根や毛母細胞より皮膚表面に近い位置にあります。この位置に合わせた出力で照射すれば良いことから、肌表面の温度上昇を抑えられ、脱毛処理時の痛みが軽減するのです。

ハヤブサは、発毛を促す司令塔である「バルジ領域」にアタックする脱毛機のひとつ。バルジ領域に照射する脱毛機は、低い温度で照射できるのが特徴ですが、ハヤブサはさらに、高い冷却機能を持っています。この冷却効果で、より痛みを軽減できるのがハヤブサの大きなメリットと言えるでしょう。従来の医療脱毛は痛いというイメージを大きく変える脱毛機です。

ハヤブサと他の機器との違い

バルジを狙った脱毛理論

従来の毛根・毛母細胞をで破壊する方法ではなく、毛の幹細胞であるバルジを破壊する脱毛方法です。表面に見えている毛にはアプローチしないという点が特徴的。毛を作る元を破壊するので、バルジが破壊された毛穴からは、その後、毛が生えてきません。これから生えてくる毛の元を断ち切っているので、すでに生えている毛の除毛効果はなく、徐々に生えてくる毛が少なくなっていくことで脱毛効果を実感できる脱毛方法です。

ダブルパルス照射で施術時間を短縮

2種類の波長で照射するダブルパルスシステムを搭載しています。毛包とバルジ領域に照射が可能。日本人・アジア人の肌色でも、確実にバルジをアタックできます。

従来のレーザー照射は、毛根を狙う方法でした。しかも狙った毛根が抜ける直前の場合、照射しても意味がないため、無駄打ちが多くなります。

ハヤブサでは、ダブルパルスシステムにより、1回ごとの施術時間が1/3に。特に背中など広い部分で大幅に軽減されます。脱毛期間が短縮されるのもメリットです。

高い冷却効果で痛みを軽減

脱毛の痛みは熱が原因。バルジ領域に照射する脱毛方法は、温度上昇を抑えられるので、痛みは軽減されています。ハヤブサなら、より痛みの軽減が可能です。ハヤブサのハンドピースには、急速冷却装置が付帯しています。温度の上昇を抑えられ、皮膚温度と同程度までしか上がらないなので、痛みの他、やけどなどの肌トラブルリスクも軽減しているのが嬉しいポイントです。

ハヤブサが適している方

ハヤブサを使った医療脱毛に向いている方は次の通りです。

  • 痛みに弱い方
  • 痛みに不安があるけど医療脱毛の効果が欲しい方
  • 肌へのダメージが気になる方
  • 脱毛完了までの期間を短縮したい方
  • 1回の施術時間を短縮したい方
【当サイトで紹介している施術について】
医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛では、まれに赤み、ヒリヒリ感、火傷、毛嚢炎(もうのうえん)、むくみ、増毛、硬毛化、打ち漏れのような症状が現れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の相場

医療レーザー脱毛は5~10回の施術(1か月半~2か月のスパン)で完了します。また、脱毛の相場は部位によって異なります。中でも人気が高いワキ脱毛の相場は、1万3,000円(※両ワキ5回コース)です。

針脱毛のリスク

針脱毛は針に電気を流して毛根に与える施術です。医師の技術が足りない場合、電気の熱による赤みや炎症、火傷や痛み、毛穴の腫れなどが生じるため、ご注意ください。また、針脱毛で使用する針の衛生管理が行き届いていない場合は、肝炎やHIVなどの血液感染リスクが考えられます。

針脱毛の相場

針脱毛は5~10回の施術(1か月~2か月のスパン)で完了します。また、針脱毛は脱毛料金のほかに初診料、血液検査料、針代、麻酔代などがかかるため、事前に調べておきましょう。針脱毛の脱毛料金は脱毛したい部位の毛量や面積、施術時間などによって異なります。料金体系はクリニックによって異なりますが、脱毛完了までにかかる金額の目安は10万円前後です。