公開日:|最終更新日時:

ベクタス

ベクタスの概要を紹介

ベクタスの仕組みとメリット

ベクタスは、サイノシュアー社が開発した熱破壊(ショット)式のレーザー脱毛機です。ダイオードレーザーを使用しており、毛のメラニン色素に反応して毛根を破壊することで脱毛を図る仕組みになっています。

これまでのショット式レーザーは毛乳頭や毛母細胞に直接アプローチするので確実な脱毛効果を得やすいメリットがあるものの、痛みがでやすいというデメリットがありました。けれど、ベクタスには照射と同時に肌を冷却する独自のクーリングシステムが搭載されているため、痛みを抑えながらも高い脱毛効果を得られるレーザー脱毛へと進化を遂げています。

また、ベクタスは従来のダイオードレーザー機よりも高出力で照射できるため、これまで難しいとされてきたうぶ毛にも効果を発揮できるのがポイント。従来の高出力レーザー脱毛機が抱えていた照射ムラの課題に対しても、ベクタスではハンドピースの照射面を均一な照射が可能な四角に設計することで打ち漏れの少ない施術につなげています。

そのほかにも、1人ひとりの肌の色や状態に合わせて最適な出力に調整できる機能も搭載。日焼け肌や地黒肌の方はもちろん、アトピーや敏感肌の方も、肌質を選ばないベクタスならレーザー脱毛を体験できます。

ベクタスと他の機器との違い

広範囲の脱毛もスピーディーに行なえる

ベクタスの最大の特徴は、広範囲への照射が可能な業界最大級の照射面を持つハンドピースが備わっていること。1回に照射できる範囲が広いため、従来のレーザー脱毛では時間のかかっていた背中や脚、胸、腹などの広い部位でもスピーディーに施術できるのがポイントです。時間のかかるイメージのある全身脱毛との相性も良く、短い時間で施術を完了できるので脱毛にあまり時間をかけられない忙しい人でもツルツルのお肌を目指せます。

独自のクーリングシステムで痛みを軽減

ベクタスには、開発メーカーのサイノシュアー社が特許を取得したコンタクトクーリングシステムが搭載されています。コンタクトクーリングシステムでは皮膚を冷却しながら施術を行なえるので、レーザー脱毛で一番ネックとなる痛みを軽減できるのが特徴。さらにやけどの予防もでき、安全で快適なレーザー脱毛を可能にしています。また、クーリングシステムが搭載されていることで、施術前に冷却ジェルを塗る必要がないのもベクタスならではの特徴です。冷却ジェルのベタベタした不快感がなく、塗布や拭き取りの時間も必要ないので施術にかかる時間が短縮化されています。

自動メラニン測定器を使って出力を調節できる

ベクタスは特許を取得した自動メラニン測定器を使用できる数少ないレーザー脱毛機の1つ。これまで施術者の経験や勘で出力設定が行なわれていたレーザー脱毛と違い、ベクタスでは施術前に皮膚中のメラニン量を測定することで1人ひとりの肌の状態に最適な出力調整が可能に。従来のレーザー脱毛ではやけどのリスクがあった日焼け肌の方に対しても、ベクタスなら肌のメラニン値に合わせて最適な照射レベルに自動で設定してくれるので安全かつ効率的な脱毛を行なうことができます。

ベクタスが適している方

ここまでの解説を踏まえ、どんな方にベクタスが適しているかをまとめてみましょう。

1.広い範囲を短時間で脱毛したい方

2.痛みを抑えながらも脱毛効果を妥協したくない方

3.日焼け肌や色黒の方

4.アトピーや敏感肌で肌トラブルが不安な方

5.施術回数や来院回数を抑えたい方

【当サイトで紹介している施術について】
医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛では、まれに赤み、ヒリヒリ感、火傷、毛嚢炎(もうのうえん)、むくみ、増毛、硬毛化、打ち漏れのような症状が現れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の相場

医療レーザー脱毛は5~10回の施術(1か月半~2か月のスパン)で完了します。また、脱毛の相場は部位によって異なります。中でも人気が高いワキ脱毛の相場は、1万3,000円(※両ワキ5回コース)です。

針脱毛のリスク

針脱毛は針に電気を流して毛根に与える施術です。医師の技術が足りない場合、電気の熱による赤みや炎症、火傷や痛み、毛穴の腫れなどが生じるため、ご注意ください。また、針脱毛で使用する針の衛生管理が行き届いていない場合は、肝炎やHIVなどの血液感染リスクが考えられます。

針脱毛の相場

針脱毛は5~10回の施術(1か月~2か月のスパン)で完了します。また、針脱毛は脱毛料金のほかに初診料、血液検査料、針代、麻酔代などがかかるため、事前に調べておきましょう。針脱毛の脱毛料金は脱毛したい部位の毛量や面積、施術時間などによって異なります。料金体系はクリニックによって異なりますが、脱毛完了までにかかる金額の目安は10万円前後です。